会社情報
  • NINGBO LUBAN ELECTRIC POWER TOOLS CO.,LTD.

  •  [Zhejiang,China]
  • ビジネスタイプ:メーカー , ディストリビューター/卸売業者 , 組織 , 小売業者 , サービス , 貿易会社
  • Main Mark: アフリカ , アメリカ大陸 , アジア , 東ヨーロッパ , ヨーロッパ , 北ヨーロッパ , 西ヨーロッパ , 世界的に , 中東
  • 輸出国:81% - 90%
  • 本命:GS, CE, ISO9001
  • 説明:ウェットダイヤモンドカットホイール,円形鋸刃ブレード,ダイヤモンド工具
NINGBO LUBAN ELECTRIC POWER TOOLS CO.,LTD. ウェットダイヤモンドカットホイール,円形鋸刃ブレード,ダイヤモンド工具
ホーム > 製品情報 > ハンドツール > ディスクを切断・研削砥石 > ウェットダイヤモンドカットホイールダイヤモンドセグメント研磨工具

ウェットダイヤモンドカットホイールダイヤモンドセグメント研磨工具

    単価: USD 0.4 - 0.6 / Piece/Pieces
    お支払い方法の種類: L/C,T/T
    Incoterm: FOB
    最小注文数: 1000 Piece/Pieces
    納期: 30 天数

基本情報

モデル: CDGW02

Additional Info

包装: 必要に応じて

生産高: 1000000pcs

ブランド: Kingdeal

輸送方法: Ocean,Land,Air

原産地: 中国

供給能力: 1000000

認証 : CE GS ROHS

ポート: NINGBO

製品の説明

ウェットダイヤモンドカットホイールダイヤモンドセグメント研磨工具

特徴:

スチールコア付きレジンボンドブレードは、レジンボンドとスチールコアで焼結されています。深い切削や高荷重加工に適した高剛性を提供します。レジンボンドカットホイールは、自力でシャープに切断できます。弾性樹脂の接着により改善することができる。

アプリケーションスコープ:P セラミック石、タイル、ガラス、建物のレンガ、セラミックタイルやその他のハードタイルを切断rofessional。

使用法: タイル、セラミック石、ハードタイル、大理石、花崗岩などのすべての種類。

適用ツール:大理石機械、卓上切断機、グラインダー。



予防措置:
1ご自身の安全のために、作業中は安全をよく、ヘルメット、ゴーグル、オーバーオール、手袋を着用してください。

2ソーブレードを取り付けるときやノックダウンするときは、機械の電源プラグを抜いてください。
機械が通電状態のときは、子供に触れたり使用したりしないでください。

3良好な鋸刃には高密度のダイヤモンド粒子が、劣った鋸刃にはダイヤモンドの含有量が少なく、使用しない場合は寿命が短い。
4使用時に直線または直角にカットするときは、エッジクラックを避けるために曲げ角度でカットしないでください。
鋸刃上の矢印の方向は、機械の回転方向と一致している。
鋸刃が暑すぎる場合は、作業を適切に停止してから冷却してください。

仕様:
ブレード直径:110mmx1.8x5x20mm
最大RPM:13200
円形鋸と濡れた鋸のほとんどのブランドに適合
濡れても使える
チッピングのない滑らかなクリーンカット

Wet diamond wheel 110mm (1)

Wet diamond wheel 110mm

Wet diamond wheel 110mm (2)

製品グループ : ハンドツール > ディスクを切断・研削砥石

製品の絵
  • ウェットダイヤモンドカットホイールダイヤモンドセグメント研磨工具
  • ウェットダイヤモンドカットホイールダイヤモンドセグメント研磨工具
  • ウェットダイヤモンドカットホイールダイヤモンドセグメント研磨工具
  • ウェットダイヤモンドカットホイールダイヤモンドセグメント研磨工具
  • ウェットダイヤモンドカットホイールダイヤモンドセグメント研磨工具
この仕入先にメール
  • *タイトル:
  • *メッセージ:
    あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません

モバイル サイト インデックス. サイトマップ


ニュースレターを購読:
アップデートを入手割引をした価格提案する, スペシャルオファー.

多国語:
Copyright ©2019 NINGBO LUBAN ELECTRIC POWER TOOLS CO.,LTD.著作権を有します
サプライヤーと通信?サプライヤー
Cai Mr. Cai
何か私にできますか?
今チャット サプライヤーと連絡する